topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空き瓶を切って作るインテリア - 2015.05.01 Fri

変換 ~ LINEcamera_share_2015-05-01-10-19-05

まだ製作途中で、自分の中では迷走中です。
なので 画像をセピアにして逃げてます。

これは、リンゴのジュースが入っていた瓶。 

この瓶が気に入って・・・・と言うわけではないのですが、たまたまあった瓶で手頃な大きさなのと、模様があったのでこんな瓶はちゃんとガット出来るのか・・・?という実験も兼ねて。


変換 ~ IMG_20150430_181215

ガラスをカットするダイヤモンド刃が先端についた工具を固定します。
瓶が浮かないようにカッターに押し付けて1周傷を付けます。

変換 ~ IMG_20150430_181029

熱した半田ゴテを傷に合う位置で固定します。

瓶が暑くなったらバットに張った水に入れて温度差でヒビを入れます。
これでパっカリ割れなくても、瓶を少し回してコテ先を当てるとその部分まで ピキっと音がしてヒビが繋がったことがわかります。
また、少し瓶を回して温める・・・・これを繰り返して1周すると

変換 ~ IMG_20150430_181104

パッカーーンとなるのです。

切り口にヤスリをかけて ドームのように木で作った土台に乗せます。

中に流木とエアープランツを入れたり、苔玉の小さいのを入れても可愛いと思うんですよね。

マスキングテープを貼ったのは ヒビが広がってしまわないように・・・という気持ちだったのですが、これはあまり意味がないことかもしれません。

簡単に綺麗に割る方法、もう少しいろいろ試してみます。

にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natural4koubou.blog105.fc2.com/tb.php/247-33448053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イギリスアンティークのランプを日本仕様に変更 «  | BLOG TOP |  » 古材と電球のインテリア (work-works追加納品)

プロフィール

戸嶋 未保子

Author:戸嶋 未保子
家具や雑貨を作って手作りマルシェに参加しているうちに、店舗の什器作りや改装を頼まれるようになりました。
家具の修理やリメイクなどお受けしている中で、役目を終えた古道具をリユースして今使えるものに作り上げる楽しみに目覚めました。
テンションの上がるモノ創り を心がけて、自分が欲しいと思わないものは作らない、そんな頑固工作室長のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。