topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでおなじみの“ティー・セレクションボックス”をシャビーに・・・ - 2010.07.05 Mon

変換 ~ 001

ティーパックを8種類 斜めに立てて保管できる箱です。
日本には珍しいものですが、紅茶の国 イギリスには普通にあるものだそうです。

リンクさせていただいてる 各国のお料理サロンサロン・ド・ソレイユの先生から いただいたご注文です。

お料理教室で作ったお料理をみんなでいただいた後、お茶の時間に使われるのだそうです。

変換 ~ 002

当たり前ですが・・・・・開きます。

何の支えも無くても、90度の開きで止まるすぐれものの兆番です。

かなりアンティーク風の兆番の中でこの機能を持ったものを探したのですが、なかなか巡り会えなくて、この先生が以前まで使っていらした(引っ越しで傷ついてしまった)ティーセレクションボックスの実物をはずして使いました。

どなたか、90度で止まり、それ以上に開かない兆番をご存じだったら教えてください。  ませ~~~。

変換 ~ 003

勿論 手を入れられるので 移動も楽々。

もともと、紅茶は湿気に弱いので桐材で作っていますので、軽いんですけどね~。

変換 ~ 005

お料理教室のお知らせは、サロン・ド・ソレイユさんのホームページか、ご自宅のお知らせボードをご覧ください。

で、これを作っている時、工房に遊びにいらしたお客さんや、教室に来て下さった方々が みなさん同じ疑問を持たれていました。

「え~~、イギリスでもティーパック使うの???」
ですよね。 私も思いましたよ。

でもね、日本にも、あ~かいきつね と みどりのたぬき なんてもんが昔っからあるのですよ。

先生曰く、「ばんばん、使います」・・・だそうです。

ご主人のお仕事の関係で、色々な国で生活された方なので、色々なお話が聞けて 楽しいと思いますよ~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村応援ポチッとおねがいします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

いいね~色も金具も、手を入れられる台座の実用的&装飾的な仕様も、とっても上品。
ここから好きなお茶を各自選ぶワケね~
本場イギリスでもあたりまえに使うんだ~ふぅ~~ん。そのたとえが赤いきつねって・・・さすがmoccoさん。
でも、アフタヌーンティーがティーバッグだって、このボックスから取り出すととってもオシャレだねっ。

でさ、
×ティーバック=布地の少ないおパンツ
○ティーバッグ
じゃね?

いっつもこの言い方で、ウチ、話題になるの。ぎゃはは~~

mayuiさま

ガーンv-12
この2つの言葉 そっくりだったんだ。

あまり意識しないで使っていたんで 10中8~9は間違えてたかも・・・・

ふふふ、これからはしっかり聞いて、人様の上げ足をとろう~v-219

実の母は、私らの結婚の話が出て 顔合わせをした席で ダンカイの世代・・・と言うところを
ダンコンの世代と言ってましたっけ・・・
本人間違ったことも気づいて無かったんじゃないかな。
意味も知らないのでは・・・・浮世離れした人なのです。

きっと、浮世で生きている父が見ている番組から流れ出た言葉が 頭のどこかにあったのでしょうね。

とっても恥ずかしかったです。

誰も、フォローしませんでした。

ぎゃはは~~

おかあさん、おもしろすぎる・・・・v-15


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natural4koubou.blog105.fc2.com/tb.php/137-10876b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏のアート・コミュニティー特選展 «  | BLOG TOP |  » 6月の木工教室

プロフィール

戸嶋 未保子

Author:戸嶋 未保子
家具や雑貨を作って手作りマルシェに参加しているうちに、店舗の什器作りや改装を頼まれるようになりました。
家具の修理やリメイクなどお受けしている中で、役目を終えた古道具をリユースして今使えるものに作り上げる楽しみに目覚めました。
テンションの上がるモノ創り を心がけて、自分が欲しいと思わないものは作らない、そんな頑固工作室長のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。