topimage

2008-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つの小さなまな板を使い分ける - 2008.12.06 Sat

変換 ~ 003

イベント仲間のコロコロさんから、まな板の注文をいただきました。
「4枚のまな板を、パン専用・野菜専用・肉専用・魚専用 と使いたいの。 左右に2枚づつ吊るせるようにしてほしいんだけど」  と。

私は、大きな桐のまな板を使っていますが、その大きさのまま 4枚が吊られた状態を想像して
「邪魔じゃない?」 と聞きました。

彼女は 「1枚は小さくていいんだ。 」 と。  

絵を描いて、こんな感じ・・・細かいところはお任せで ちなみにクリスマスプレゼントにしたいので、それまでに・・・ね  ということでした。

そこで、私はまな板で有名なイチョウの材木を探し始めたのですが、無いんですね。
材木屋さんに「建築に使われない材木は、あんまり流通しないよ。 あっても、値段が高くなっちゃう」と教えて貰い、イチョウにこだわることを やめました。

とても木の目のきれいな 桧を材木屋さんに見せていただいて、ちょっと、厚みがありすぎるかな・・・
とも思ったにですが、将来 黒ずんだときに削って使えるし・・・と決めました。

私も、木のまな板を使っていますが、よくある失敗をしました。
だいたいまな板は、木目に沿って横長ですよね。 そして、使った後 短い辺を下にして 立てて干す人が多いと思うんです。  でも、使っているうちに 短い辺は真っ黒になってきます。

下手すると、腐って穴が開いてきます。   きゃー、汚い。

そうしない為には、横長に干すのだそうです。

そのために、私は 少し場所を取るけれど、横長に吊るすようにしました。

後は、バランスの問題です。  片側2枚を取っても、ちゃんとふらつかないで立ってくれなくては 困ります。

日本の小さな台所で なるべく小さく でも バランス良く!

で、この形になりました。  真中にある触角のようなもの・・・これ、双葉なんですが、これはバランスと何の関係もありません。

変換 ~ 005

吊るした上の面に、使う食材の絵をウッドバーニング用のペンで書きました。

これ、大量生産するんだったら 焼き型を作るんでしょうね。

ペンは手書きなので、私の「失敗したらどうしよう~」の心が 絵に もろ出ています。絵文字名を入力してください

でも、側面に書いたのは、私のまな板に書いてあった、人参と魚の絵が 使っているうちに消えてしまったから・・・
そりゃー、ゴシゴシ洗っていれば 消えますよね。

上から見れば一目瞭然 しかも、消えにくい (はず)

自分で作っておいて何ですが、これ いいですね。
ナイスアイディア だと思います。  私用にも作っちゃおうかな~。

素敵なアイディアを出してくれた コロコロさん、ありがとう。  今度会う時、お渡しできます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

戸嶋 未保子

Author:戸嶋 未保子
家具や雑貨を作って手作りマルシェに参加しているうちに、店舗の什器作りや改装を頼まれるようになりました。
家具の修理やリメイクなどお受けしている中で、役目を終えた古道具をリユースして今使えるものに作り上げる楽しみに目覚めました。
テンションの上がるモノ創り を心がけて、自分が欲しいと思わないものは作らない、そんな頑固工作室長のブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。